白血病の治療方法と免疫力を高める注目成分まるわかり

menu
白血病の治療・症状ガイド【白血病大事典】 » 白血病に悩む人におすすめの米ぬか多糖体

白血病に悩む人におすすめの米ぬか多糖体

白血病の進行を抑制する「RBS米ぬか多糖体」の情報をまとめています。白血病への具体的な効果や副作用、安全性が気になる人は必見です。

白血病患者の間で話題の「RBS米ぬか多糖体」とは?

RBS米ぬか多糖体とは、特別な製造方法で作られた免疫強化物質です。摂取しても消化されることなく血中を移動し、免疫細胞(NK細胞・T細胞・B細胞・マクロファージなど)を活性化させる特性を持っています。

NK細胞の活性化と「RBS米ぬか多糖体」

免疫細胞の中でも、特にRBS米ぬか多糖体の影響が大きいのは「NK細胞」です。NK細胞は、がん化した細胞を攻撃してくれる免疫細胞なので、白血病治療において注目を集めています。さらに、RBS米ぬか多糖体を摂取することで、摂取前と比べて約10倍もNK細胞の活性がアップしたという研究結果も出ています。

米ぬか多糖体の検証データ-NK細胞活性値

画像引用元:米ぬか多糖体免疫研究会(http://rbsnuka.com/)

RBS米ぬか多糖体を自宅で摂取するには

RBS米ぬか多糖体は、私たちが普段食べたり、化粧品として活用したりしている米ぬかとは別物。米ぬかに含まれる有用成分を体内で吸収できるように、独自製法で抽出したのが「RBS米ぬか多糖体」です。自宅で取り入れる際には、サプリメントなどの健康食品で成分を摂取する必要があります。

お求めの際は、米ぬか多糖体免疫研究会に資料請求もしくはお問合せください。

米ぬか多糖体免疫研究会に資料請求する

※米ぬか多糖体免疫研究会の資料請求フォームに移動します。

RBS米ぬか多糖体製法の流れ

RBS米ぬか多糖体の製法技術は世界9か国で特許を取得しています。大まかな製法の流れを見てみましょう。

  1. イネの種皮・胚芽(米ぬか)を採取
  2. 米ぬか内に含まれるヘミセルロースB(多糖体)を採取
  3. シイタケ菌(酵素)を利用してヘミセルロースB(多糖体)を分解
  4. 人の身体に吸収されやすい「RBS米ぬか多糖体」が完成

製法の流れを確認すると分かるように、RBS米ぬか多糖体は植物由来の物質。安全性の高さが魅力です。

RBS米ぬか多糖体製法の注目ポイント

免疫力を強化するのは「多糖体・ヘミセルロースB」

米ぬかに含まれる多糖体・ヘミセルロースBとは免疫力を強化する働きがある食物繊維です。ヘミセルロースBは、比較的多く含まれている米ぬかでも1kgあたり3~5gしか採取できない貴重な成分。その効果は以前より知られていましたが、食物繊維は人の消化酵素では加水分解されないため投与しても吸収されにくいという大きな壁がありました。

多糖体を体に定着させるのは「シイタケ菌」

RBS米ぬか多糖体を製造する際に重要な工程となるのが、シイタケ菌(DAIWA-A95菌)による細分解です。シイタケ菌といっても、一般的なシイタケから採取できるものではなく、炭水化物分解酵素活性が強くなるように育種された菌を液体培養・精製した特別なもの。これを用いることで、ヘミセルロースBを細分解できるようになり、体に吸収されやすい「RBS米ぬか多糖体」が誕生しました。

RBS米ぬか多糖体の具体的な効果

RBS米ぬか多糖体の主な効果をまとめてみました。

米ぬか多糖体研究会に
資料を請求する

※米ぬか多糖体免疫研究会の資料請求フォームに移動します。

RBS米ぬか多糖体は、上記の例で紹介した以外にも様々な効果が備わっています。紹介した効果のほとんどが免疫力と結びつく内容であることから、健康と免疫力は切っても切れない関係にあることが分かります。

RBS米ぬか多糖体摂取によって免疫細胞がどれほど活性化するのか気になっている人も多いはず。調査したところ、RBS米ぬか多糖体を摂取した白血病患者には、免疫細胞活性が約10倍に変化していたことが分かりました。ちなみに、白血病だけではなく、前立線がんや乳がん、骨髄性腫などが見つかった人でも、RBS米ぬか多糖体を摂取すればNK細胞を活性化させられると分かっています。免疫細胞活性に関する詳しい情報を次のページにまとめているので、免疫力を上げて白血病の進行に歯止めをかけたいと考えている人はご参考ください。

RBS米ぬか多糖体による白血病への効果

RBS米ぬか多糖体の副作用情報

免疫力を高めてくれるRBS米ぬか多糖体にも、副作用は存在します。とはいえ、RBS米ぬか多糖体の副作用は摂取目安量を大きく上回ったときのみ起こるもの。症状も軽めなのです。

注目すべきは、RBS米ぬか多糖体の副作用ではなく、RBS米ぬか多糖体が軽減してくれる副作用について。白血病治療には、強力な薬や電磁波(抗がん剤や放射線など)が用いられるので、人によっては命に関わるほど重い副作用が生じることもあります。しかし、RBS米ぬか多糖体を摂取することで、白血病治療における辛い副作用を緩和できると言われているのです。白血病治療の副作用の中で、RBS米ぬか多糖体の摂取で緩和できると実証されている副作用は以下です。

これらの副作用は、白血病患者のQOLスコア(人生の幸福度)を著しく下げてしまう症状。白血病治療において、副作用の辛さや苦しさをゼロにすることはできませんが、RBS米ぬか多糖体を摂取することで辛さを緩和することは可能です。次のページで、RBS米ぬか多糖体摂取による具体的なQOLスコア増減の研究データをご紹介しています。白血病治療の副作用にお悩みの人は是非ご覧ください。

白血病治療の副作用とRBS米ぬか多糖体の関係性

RBS米ぬか多糖体のリアルな効果を知るには?

「RBS米ぬか多糖体の効果や研究データを見てもイマイチぴんとこない…」「もっとリアルな効果が知りたい」という人は、実際にRBS米ぬか多糖体を摂取したことがある人の口コミを参考にしてみてください。摂取しはじめたきっかけや摂取した後の体や気持ちの変化、感じられた効果などが分かりますよ。あなたの悩みにリンクする人の口コミを参考にすれば、RBS米ぬか多糖体を摂取した後のイメージがリアルに想像できるでしょう。

RBS米ぬか多糖体を摂取した人の口コミ評判

コンテンツ一覧